top of page

2022年10月13日

地域貢献 清水区のこども園などに支援物資運搬【建通新聞】

【掲載記事】

 セイキ建設(菊川市、鈴木太山社長)は、台風15号によって浸水や断水など甚大な被害を受けた地域に対し支援物資を運んだ。3トントラックなどを使い、静岡市清水区のこども園や待機児童園、特別養護老人ホームなど計4施設を回った。支援物資は、同社のSNSで呼び掛けた他、活動に賛同したインフルエンサーも参加した。

 鈴木社長は「こういった災害の時はお互いに助け合うことが大切。支援いただいた方々にも改めてお礼を申し上げたい」と支援の重要性を口にした。

 支援先は興津北こども園、有度の里、清水待機児童園まりん、有度西こども園。おむつや除菌シート、飲料水など集まった段ボール約200個を仕分けして各施設に配った。




bottom of page