top of page

2022年10月14日

台風による支援SNSで発信 【建通新聞】

【掲載記事】

 セイキ建設(菊川市、鈴木太山社長)は、台風15号によって被害を受けた地域に対して支援物資を送るため、SNSを通して協力を呼び掛けた。鈴木社長の他、YouTubeで活躍するタレントの後藤祐樹さんも発信した。

 鈴木社長は「発信から2日で事務所に入りきらない物資が届いた。SNSの影響力を改めて感じた。生活に困っている人の助けになってほしい」と話した。

 全国から集まったオムツや飲料水、タオルなどが入った段ボール約100個は、静岡市清水区にある特別養護老人ホーム有度の里に送られる。




bottom of page